Java Jive Fresh Roasted Coffee Beans

Fine and Rich - 上品で芳醇な珈琲

煎りたて、挽きたて、淹れたて、

ジャバジャイブはご注文をいただいてから珈琲豆を焙煎します。直火焙煎ならではの「こんがり甘い香りのする」珈琲豆をご賞味ください。

焙煎したての珈琲豆には多くの炭酸ガスが含まれていて、すぐに挽いて飲んでみてもスッキリしすぎて、何か物足りない味になってしまいます。数時間すると、徐々に炭酸ガスが抜けてゆき、同時に珈琲豆本来の風味が増して、豆が落ちついてきます。あとは保存環境にもよりますが、一週間ほど豆の変化を味わうことができます。それらの珈琲豆は風味を保ち、芳醇な香りと、独特の苦味、甘味、酸味が味わえます。

珈琲豆はなるべく飲む直前に豆を挽きましょう。とは言っても毎回挽くのはなかなか大変。そんな時は2日分ぐらいに挽きためておくのも一つの手です。一度珈琲豆を挽いてしまうとその風味はどんどん失われていきます。(古い挽き粉が残ってしまったら、冷蔵庫の消臭剤として利用できます。また、土に返すと肥料にもなります。)

珈琲を抽出したら温かいうちに召し上がりましょう。残ったらそのまま冷やしていただきます。保温や温め直しは風味を損ないますので、なるべく避けた方がよいでしょう。

いつ焙煎したのか、いつ挽いたのかわからないコーヒー豆。いつ抽出したのかわからない温め直したコーヒーは、ただのコーヒーになってしまいます。ジャバジャイブのキーワードは「フレッシュ」です。

Java Jive の焙煎方法

珈琲の味は焙煎で決まると言っても過言ではありません。時間をかけて煎るほど褐色が濃くなり、味も微妙に変化していくのが焙煎の醍醐味です。

ジャバジャイブはまず、入荷した生豆をピッキングします。ここで初めて生豆と対面し、豆のコンディションを観ながらピッキングします。豆にもよりますが、数パーセントの欠点豆がでてきます。

お客様の注文をいただいてから、ご注文分の生豆を250gづつ取り出し、再びピッキング。そして火加減を調節しながらその状況に最適な焙煎をし、素早く冷却。最後のピッキングを行い袋に詰めしてお届けいたします。

焙煎後の珈琲豆の量はハイローストで220gほど、シティーローストで210gほどになります。その珈琲豆の特徴はなんと言っても「奥深い珈琲豆の香り」です。豆によっては砂糖がいらないほどの甘味を感じます。

基本は中煎り(ハイローストからシティーロースト)です。毎日ヘルシーに飲んでいただけるよう煎り上げます。

深煎りの好きなお客様は遠慮なくお申しつけ下さい。エスプレッソやアイス珈琲用に深煎りのご指定もできます。お気軽にご注文ください。

ご注文はお電話またはメールで

珈琲豆の注文は電話またはメールで受け付けます。090-3692-3628

電話注文の受付時間は 10:00-17:00 です。

E-MAIL master@javajive.jp

珈琲豆の配達時間は 10:00 - 19:00 の間でご指定ください。

その日に焙煎した珈琲豆をお届けします。前日の注文も承りますので、是非ご利用ください。

配達無料サービスエリアは戸田市、蕨市、川口市です。配達エリアはこちらのページで確認できます。その他の地域の方は電話またはメールでお問い合わせ下さい。宅急便でも送れます。

Find Tasty Coffee

好みの珈琲豆を見つける

まずは自分がどんな珈琲、風味が好きなのかを見つけてみましょう。ストレートで、砂糖やミルクを入れる、アイスで、またはカクテルにしたり、珈琲にはさまざまな飲み方があります。飲み方に合った好みの珈琲豆をストレートで見つけてみましょう。それで物足りなければ自分でいろいろ比率を考えながらブレンドしてみるのも楽しみです。(アフターミックス)

好みの煎り具合を見つける

浅煎りの珈琲は、酸味を引き立ててくれます。淹れ立てはなめらかな上品な味になり、冷めてくると徐々に酸味が増してきます。深煎りの珈琲は、苦味とコクが特長で、酸味をほとんど含まないので、冷めても美味しくいただけます。したがってアイスコーヒーには深煎りの珈琲が好まれます。

焙煎された珈琲豆の保存は香りの移らない密封容器に入れて保存します。

挽き方を見つける

珈琲豆は抽出器具に合わせて豆の挽き方を変えます。

同じドリップでも挽き粉の大きさによって抽出される珈琲の味は変わります。細かくすると苦味が強調され、粗くするとスッキリした旨味が味わえます。

極細挽き:エスプレッソ、水だしポット

細挽き:ペーパードリップ、サイフォン

中挽き:ネルドリップ、コーヒーメーカー

粗挽き:パーコレーター

ミルにはカット式、臼歯式、プロペラ式があり、それぞれ善し悪しがあるのですが、手動式に勝るものはないでしょう。何よりも豆の感触を確かめながら、一杯の珈琲へのプロローグが楽しめます。そして、なによりも電気を必要としません。

好みの抽出方を見つける

基準の量は、一人分で珈琲 10g 湯 120cc から自分の量を見つけましょう。単純に薄ければ珈琲を増やすか、お湯を減らすことです。

抽出器具はペーパードリップ、ネルドリップ、サイフォン、コーヒーメーカー、エスプレッソマシン、水だしポット、パーコレーターなど、いろいろありますが、自分の好みに合わせて、正しい抽出方で淹れてください。

水だしポットはアイス珈琲好きには重宝します。深煎りした豆を挽いてドリップし始めれば、数時間で風味豊かでコクのあるアイス珈琲ができあがります。

ペーパードリップで抽出する


Information about this web site

© Java Jive Fresh Roasted Coffee Beans since 2013