Java Jive Fresh Roasted Coffee Beans

Paper Filter Drip Coffee - ペーパーフィルタードリップ珈琲

ペーパードリップで抽出する

その手軽さと清潔さで幅広く普及しているペーパードリップ方式は少量でも美味しく淹れられるという利点があります。逆に難点なのが4杯、5杯分淹れるとなると、ペーパーの目が詰まってしまい(湯がたまってしまう)、抽出時間が長くなり、雑味が混じってしまいます。ペーパードリップで珈琲を抽出する場合は3杯分ぐらいまでを目安に淹れるのがコツです。

ペーパードリップに必要な器具

ペーパーフィルター:人数分によって大きさを選べるようになっている。

ドリッパー:円錐型と台形型があり、台形型にはメリタ式の一つ穴とカリタ式の三つ穴タイプがあります。

サーバー:抽出された珈琲液を受け取る耐熱ガラス製ポット。一人分ならそのままカップに落とす。

注湯用ポット:普通のやかんは口先が太く短いので、珈琲の挽き粉に静かに湯を注ぐのには適していません。やかんで沸騰させた湯を注湯用ポットに移すと湯の温度も調節しやすくなります。水を沸騰させるのは手鍋でもかまいません。そのかわり注湯にはこだわってください。あくまで優しく細くです。

ペーパードリップで美味しく抽出する

フィルターを正しく折って、しっかりドリッパーに密着させます。

好みの大きさに挽いた粉をフィルターの中央に入れ、お湯を真ん中から「の」の字を描くようにやさしく注ぎます。粉全体に湯が染み渡ったら一度止めて蒸らします。この蒸らしが大切で、中の炭酸ガスを熱して粉を膨張させ、旨味を抽出しやすくします。蒸らしの時間は挽き粉(珈琲豆)によって異なります。古い粉だといくらそそいでも、すぐに落ちてしまいます。

十分に粉が膨らみ、ブクブクとガスが出て来たら再び「の」の字を描くように優しく細く中心に注湯していきます。フレッシュな豆ほど挽き粉が膨らみ、ドームが大きくなります。この二回目からの注湯は表面にクリーミーな泡立ちを保つのがコツです。そうすることでドームの中に充満したアロマ成分を余すこと無く抽出できます。

注湯を止めるタイミングはその人の好みです。注湯を早めに止めれば濃厚な珈琲ができ上がります。また長く注湯すれば、アメリカンと言われるようなスッキリした珈琲ができ上がります。

注湯を終えたら泡の状態を注意深く観察し、お湯を落としきる前にドリッパーを外します(上澄みには雑味があるため)。あとは温めおいたカップに注いでいただきましょう。

ペーパードリップの注意

挽き粉が粗過ぎると十分に抽出されずに水っぽい味になります。(お湯がすぐに落ちてしまう)

ペーパーに直接湯を注ぐと同様の結果になります。かならず挽き粉の中央に注湯してください。

また細か過ぎると目詰まりを起こし苦味だけの珈琲になってしまいます。(お湯がなかなか落ちてこない)

沸かしなおしたお湯や、長く沸騰させた湯は二酸化炭素が抜けてしまうので注意しましょう。

使用後のドリッパーには珈琲の脂肪分やアクが付着しているのでよく洗い流しておきましょう。

珈琲の味

珈琲の主な味は苦味ですが、ただ苦いだけでは本当の珈琲とは言えません。口に含んだときに苦味から自然の甘味が感じられ、飲んだ後にもその余韻を楽しめるのが本物の珈琲と言えるでしょう。

また酸味も味にアクセントを加え、全体を引きしめてくれる要素として欠かせません。苦味、甘味、酸味、これらが見事に調和して最高の一杯になると言えます。

珈琲豆一覧»


Information about this web site

© Java Jive Fresh Roasted Coffee Beans since 2013